script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

投信と高配当株で未来の自分へ投資しよう

弱小投資家がインデックスファンドの積み立てをメインに個別株で配当金や株主優待を貰いながら、いつの日かセミリタイア出来る日を目指すブログ

インデックス投資はメリットいっぱい!まだ投資をしていない人はこの機会に始めてみては?

世の中には既に何らかの投資をしている人。

投資の事なんて考えてもいない人。

投資なんてしないと思っている人。

投資に興味はあるけれどまだ始めるまでにはいたっていない人。


投資というくくりで考えてみると大体こんな感じじゃないかなぁ。
色んな考えの人がいるのはあたりまえですからね~。

さて、今回はそんな中でも投資に興味はあるがまだ始めていない人に少しでもインデックス投資に興味を持ってもらいたいと思い書いてます。


f:id:massa1:20180628125358j:plain

インデックス投資は初めてに最適



初めて投資をするとなるとなぜか少し身構えてしまいますよね!自分も初めてのときは結構まとまったお金が必要なんじゃないかと思ってました。


しかし現在はなんと100円から投資信託の買い付けが出来るんです!100円ですよ!自販機で買う缶コーヒーよりも安い100円で投資が出来るんです!!
月に一本缶コーヒーを買うのをガマンしたら、もうそれで投資資金の出来上がりです!


ちなみに100円で投資信託の買い付けができる証券会社である楽天証券SBI証券は自分も普段から使ってます。
基本的にはこの二つの証券会社が僕はメインです。


特に楽天証券楽天ポイントでも投資信託の買い付けが出来ますので、普段から楽天市場で買い物したりスーパーやコンビニ等で楽天カード決済をしたりしてる人はその貯まった楽天ポイントで買い付けできるので、自己資金はゼロみたいなもんですね!

まさに投資の入門にピッタリ!!



f:id:massa1:20180805132144j:plain

・興味があるなら行動に移してみよう!


まだ投資はしたことないけどこのブログ記事を見ているという事は少しでも興味があるということですよね?
でしたらこのタイミングで行動に移してみるのもアリかもしれませんよ!


偉そうな事を言う立場ではありませんが、僕の経験上インデックス投資は始めるのが早ければ早いにこしたことはありません!

早くに始めてコツコツ積み立てていくことにより、複利の効果で資産が増えるスピードが増していきます。複利とは簡単に説明すると、利子にもまた利子がつくことですね。

例えば元金100万円を年利2%で運用すれば1年後には102万円にありますね。(わかりやすくする為に税金は省いてます)

この時の利子である2万円も含めて102万円でさらに年利2%で運用すると1年後には104万円ではなく、104万400円になります。これが複利の力ですね。
なのでこれを繰り返していくと資産の増えるスピードがアップしていくというわけです。複利ってステキ。ステキって複利


始めのうちは投資資金が少額でも、少し慣れてくれば不思議ともっと投資額を増やしたいなぁと思ってきます。

そうすると無駄遣いを減らそうとか、ボーナスが入ったら少し投資にまわそうとか今までの自分の考えが変わってきます。
いいことですね〜!まさに行動に移したことによる相乗効果!


まずは証券会社で口座だけでも開設してみる。そうすることで、せっかく口座開設したんだから少額で何か投資してみようとなる。せっかく投資してみたんだから毎月少しづつでも投資していってみようとなる。ここまでくれば完璧です!そのままコツコツ継続していって下さいね!!




・僕が投資を始めてから変わったこと


いざ投資を始めてみると分からない用語がたくさん出てきます。

信託報酬?分散投資?これはどういう意味なんだろう?と思ったら、僕はすぐにネットで検索して調べてました。

分からないことを調べていくうちにだんだん経済やお金関連のことに興味を持つようになりました。少しでも得する方法はないかと調べればいろんなサイトやブロガーさんが親切丁寧に説明してくれています。


そこで得た知識は日常生活のなかでとても役立つことばかりです!


今まで知らなかった事を知ることができる。それだけでも、少なくとも僕は投資を始めて良かったと思います。

今思うと、あの時行動に移さなければ今でも自分はバンバン無駄遣いしてるだろうなぁと思うと怖くて怖くて、もうすんごい怖い!!!


これからも今まで通りコツコツと頑張っていきます。
そしてこれからも分からないことがいっぱい出てくると思うので、その度に調べていろんな知識を増やしていこうと思います!

最後までお読みいただき有り難うございました。